使役動詞 make have get let

使役動詞?シエキドウシ?なんじゃそりゃ?
と勉強しなおしの当時の私の脳内はこんな感じでした。笑

使役動詞として使われる動詞はよく見かけるものばかりですので
なじみがあって覚えやすいかもしれませんよ。

使役動詞 とは

自分の以外の人に何かをさせる時
何かしてもらう時
何かしてもいいよ/させてもらった

言いたい時に使うのが使役動詞といいます。

make/have/get/letそれぞれ違うニュアンスを持っているので、紹介したいと思います。

使役動詞 一覧

make 〜させる

この時に使われるmake
・強制的に相手にやらせる
・うむを言わさずにやらせる

相手の意思に関わらず

私のイメージですが人に何かやらせている場面を作るからmakeなんじゃないかなと思います。

have 〜してもらう(やってもらって当たり前)

この時に使われるhave
・上司が部下に仕事を与える時
・お金を払って何かをやってもらう時
など強制ではなく義務的なニュアンスです。

get 〜してもらう(頼んでやってもらう)

この時に使われるget
・相手に頼んでやってもらう時
に使います。お願い〜!って手を合わせて頼むイメージです。
※getを使う場合は動詞の前にtoを忘れないで下さいね。

let 〜させてあげる /〜させてもらった(許可を与える/得る)

この時に使われるlet
相手がしたい事に対して許可を与えて何かをさせてあげる時に使います。
このletの裏には相手の意思を尊重したんだなとイメージするといいですよ。

使役動詞 を使った例文一覧

make 〜させる

I
You
He
She
We
They
It
 etc…
make

makes

made

me
you
him
her
us
them
 etc..
do
work
drink
read
 etc…

 

I made my kids do their homework.
私は子供達に宿題をさせた。

My boss made us work overtime.
上司が私達に残業させた。

I always make D drink beer.
私はいつもD君にビールを飲ませる。

have 〜してもらう(やってもらって当たり前)

I
You
He
She
We
They
It
 etc…
have

has

had

me
you
him
her
us
them
 etc..
cut
give
check
read
etc…

I had my hair cut yesterday.
昨日髪の毛切ってもらったんだ。(お金払ってるしね)

My teacher had us give a lot of homework.
先生が私達にたくさんの宿題を出した。(宿題をやる義務があるので)

I’ll have a dentist check my teeth next week.
来週歯医者さんに歯をみてもらうんだ。(歯医者さんだからね)

getto 〜してもらう(頼んで)

I
You
He
She
We
They
It
 etc…
get

gets

got

me
you
him
her
us
them
 etc..
to clean
fix
lend
cook
etc…

She got her sister to clean up their room.
彼女は妹に部屋を掃除してもらった。

I got my friend to fix my computer.
私達は友人にパソコンを直してもらった。

I’ll get my parents to lend me some money for a trip.
私は両親に旅行の為のお金を貸してもらうように頼む。

let 〜させてあげる/させてもらった(許可を得て)

I
You
He
She
We
They
It
 etc…
let me
you
him
her
us
them
 etc..
drive
use
watch
made
etc…

My brother let me drive his new car.
兄は私に新車を運転させてくれた。

He let me use his computer.
彼は私にパソコンを使わせてくれた。

She let me watch baseball game.
彼女は私に野球の試合を見させてくれた。

同じシュチュエーションでの違い

違いをもっと分かりやすくなるように同じシュチュエーションで違いを見てみましょう。

ABに洗い物をさせました。

A made B wash the dishes.
A had B wash the dishes.
A got B to wash the dishes.
A let B wash the dishes.

made  Bはやりたくないが、Aが「そんな事知るか!」と言いながらやらせてます。

had  (ABには洗い物は毎日交代にするルール)Aが「この前は私が洗ったから次はB洗ってよ。」とルール上の義務を感じます。

got   Aが洗い物をしなければならないが、急用ができBに「お願い!洗っておいて!」とお願いしています。

let   Bが「洗い物させて!」と言うのでAが「いいよ」と許可を与えています。←Bに何かたくらみがあるのでしょうか(笑)

このようにどちらにしろBが洗っていますが、それぞれ違う意味を持っていますのでシュチュエーションに合わせて使い分けて下さいね。

まとめ

  1. makeは無理矢理
  2. haveは当たり前
  3. getはお願い
  4. getを使う時は動詞の前にto
  5. letは許可を得て

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です