疑問文の種類と作り方

疑問文の作り方?中学生レベルじゃんと思われるかもしれません。
確かに

Do you like
〜が好きですか?

などでしたらすぐに作れて簡単だと思います。

ですがいざ会話にとなるとDo you like 〜しかパッと出てこないって状態になる時があります。

聞きたいことはDo you like〜だけではありませんよね?他にもたくさん聞きたい事があるはず。

今回は
〜が好きですか?はもちろん、
いつ?どこ?など他の疑問文も紹介します。

これを機にもう1度英語の疑問文の作り方を復習してみませんか?

be動詞と一般動詞(現在形)の疑問文

基本的な疑問文の作り方

疑問文の基本として、
be動詞は is/am/areを文頭にもっていくで疑問文を作る事ができます。

Am I kind
fun
smart
etc…
Is he
she
it
Are you
they

He is a student.
彼は学生です
Is he a student??
彼は学生ですか?

・一般動詞は肯定文の文章にdo/doesを文頭に付け加える事で疑問文を作る事ができます。

Do I
you
they
eat
study

like
etc…
Dose he
she
it

You eat an apple everyday.
あなたはリンゴを毎日食べます。

Do you eat an apple??
あなたはリンゴを食べますか?

Does he eat an apple??
彼はりんごを食べますか?

be動詞と一般動詞(過去形)の疑問文

過去の出来事を聞く時はbe動詞、一般動詞共に過去形にしなければいけません。

be動詞の場合では
is/am→was
are→were

Was I
he
she
it
smart
good
kind
etc…
were you
they

He was happy.
彼は幸せでした

Was he happy?
彼は幸せでしたか?

They
 were students.
彼らは学生でした。

Were they students??
彼らは学生でしたか?

・一般動詞の場合、肯定文の文章にDidを文頭に付け加え、動詞を原型に戻す事で疑問文を作る事ができます。

do→did

Did I
you

he
she
they
it
play
read

eat
take
etc…

You liked vegetables.
あなたは野菜が好きでした

Did you like vegetables?
あなたは野菜が好きでしたか?

未来についての疑問文

・未来について聞く時はWillを文頭につけます。

Will I
you

he
she
they
it
go
watch

have
etc…

You will go to school tomorrow.
あなたは明日学校へ行きます。

Will you go to school tomorrow??
あなたは明日学校に行きますか?

予定が決まっている場合はgoing toを使います。
going toを使った疑問はbe動詞が文頭にきます。

Am
I
going to see
eat

get
   etc…
Is
he
she
it
Are you
they

He is going to school tomorrow .
彼は明日学校へ行く予定です

Is he going to school tomorrow??
彼は明日学校へ行く予定ですか?

Will going の違いについてはこちらから

[blogcard url=”https://porgy0822.com/2018/05/27/wii-going-difference/”]

5w1hの疑問文

5w1hとは

Who だれ
What なに
When いつ
Where どこ
Why なぜ
How どうやって、どのようにetc..

の頭文字をまとめた略称として呼ばれています。

基本的に文頭に5w1hをつけます。

Who だれに/だれが

Who is he???
彼は誰ですか?

Who dose he want to meet??
彼は誰に会いたいの?

Who did you talk with??
誰と話してたの?

・「誰」が主語にくる場合
Who called you??
誰があなたに電話したのですか?

Who ate my apple??
誰が私のりんご食べたん?

What /何が

What are you doing?
何してんの?

What do you do??
何の仕事してるの?

What dose he want to eat ?
彼何が食べたいの?

What did she say ??
彼女なんて言ったの?

When いつ?

When is she coming to Japan ??
彼女はいつ日本に来る予定ですか?

When will you leave Japan?
いつ日本を発つの?

When did you eat lunch??
いつ昼食を食べたの?

Whereどこ?

Where do you want to go??
どこに行きたいの?

Where is he ?
彼はどこ?

Where does she live??
彼女はどこに住んでいるの?

Where did you go on holiday??
休暇どこに行ってきたの?

Why なぜ?

Why are you angry??
あなたはなぜ怒っているの?

Why do you like soccer???
あなたはなぜサッカーが好きなのですか?

Why does she go to Osaka??
なぜ彼女は大阪に行くの?

Why did you eat my apple?
なぜあなたは私のりんごを食べたの?

Howどうやってetc..

How are you??
調子どう??

How do you go to work??
会社にどうやって行ってるの?

How does she get up early in the morning everyday??
彼女はどうやって毎朝早起きしているの?

How did he fix it??
彼はどうやってそれを直したの?

Howに関してはこちらから

 

正直文章はバラバラでもいい?

少し長くなってしまいましたが疑問文の基本は

be動詞、do/does/did/will5w1hを文頭に持ってきます。

ですが!!!!
外国の方との会話の最中に「え~疑問文の場合はbe動詞を文頭に・・・」など考えていては会話のテンポが悪くなります。
パッと出てこない場合は完璧よりも会話のテンポを重視して

You like beer??
あなたはビールが好きですか?

と多少ブロークンでもいいので会話のリズムを重視しましょう。
復習は後からしたらいいのです。

あたしの友人でオランダ人のD君もYou like beer??でも理解できると言っていました。
ですが私たち日本人は完璧を求めてしまいます。(ものすごくいい意味でもあります!!)
会話をしているその瞬間はその一瞬しかありません。私はそこで完璧を求める為に会話が少しでもできなくなるのはものすごくもったいない事だと思います。

80%でいいので会話を楽しむのが一番の近道ではないのかなと思います。
間違った所はとても印象に残り鮮明に覚えているはずです。その残りの20%を後日見直して
「こう言ったらよかった」や「あの場面ではこうだな」など考え復習して次の機会にスムーズに使えればいいのでないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です