「~できる」だけじゃない!? Canの使い方

Canの使い方 といえば「〜できる」だけを使っていませんか?
実はその使い方はとてももったいないのです。

Canには「〜できる」の他に

・許可を得る、与える

など日常会話でもよく使われます。

今回はそんな便利なcanを紹介したいと思います。

この記事を読んで得られる3つの事
・canの基本的な使い方がわかる
・「〜ができる」はcanだけじゃない
・僕が実際に海外でcanを使ったシチュエーション別フレーズがある

Canの使い方 意味と変化形

Canは助動詞の仲間

助動詞とは文字通り【動詞を助ける為の詞】であり動詞の前につける事で新しい意味をつけ加える事ができます。

助動詞なしの例文と助動詞ありの例文をcanを使って比べてみてみましょう。

助動詞なし

I speak Japanese.
私は日本語を話す。

助動詞あり

I can speak Japanese.
私は日本語を話す事ができる

canを動詞前につけると「(動詞を)することができる」となります。

 

 

他にも助動詞はたくさんありますので少し紹介します。

人に何か勧めたりアドバイスする時に使われる

・should 「〜したほうがいい」

例文

You should speak Japanese.
あなたは日本語を話したほうがいい。

shouldについてはこちらから

shouldの使い方 フレーズ一覧

2018年5月20日

未来について伝える時に使われる
・will 「〜するつもり」

例文

I will speak Japanese.
私は日本語を話すつもり。

willについてはこちらから

未来専門ではない!?Willの使い方と例文

2018年9月10日
助動詞→→動詞の前に置くことで動詞に新しい意味を加える役割を持つ詞。

can「〜する事ができる」

canは広い範囲での自分のできる事について説明する時に使われます。

 

自分ができる事や持っている能力を説明する時
I can speak English.
英語話すことができるよ。

 

子供などに許可をする時
You can watch TV starting at 8.
8時からテレビ見ていいよ。

 

単純に今できる事や状況を説明する時
We can see the lake from our hotel!
ホテルの部屋から湖が見えるよ!

など広い意味での「〜ができる」を言いたい時に使えます。

canの使い方 変化形のcould

couldとはcanの変化形になります。

主に使われるシチュエーションとしては2つあります。

1.「〜できました」と使うcanの過去形
2.いつもより丁寧に許可を得る時

  1. could「〜できた」

    couldはcanの過去形です。

    例文
    I could do it.
    私はそれができたよ。

    単純に過去にできた事を伝える時に使われます。

  2. Could you〜 「〜してもらえますか?」

    Couldを使って質問をするとcanを使うより丁寧になります。

    例文

    Could you tell me your phone number?
    電話番号教えてもらえますか?

Canの使い方 フレーズ

主語+can~「~できる」

I
You
He
She
They
It
can speak
eat
use
etc…
例文

I can speak English.
私は英語を話すことができるよ。

You can use your phone in this room.
この部屋で携帯使えるよ。

He can eat Natto.
彼納豆食べれるんよ。

主語+can’t~「~できない」

〜できません
と言う時はcan not (can’t )を使います。

I
You
He
she
They
It
can’t (can not) go
come
eat
etc…
例文

I can’t come to your house tomorrow.
明日家に行けなくなったわ。

She can’t swim.
彼女は泳げない。

They can’t eat Natto.
彼らは納豆を食べられない。

主語+could~「~できた」

過去に〜できたよ!という場合はcouldを使います。

I
You
He
She
They
It
could do
see
eat
etc…
例文

I could do that!!
それできたよ!

I could see him in the hospital.
彼に病院で会う事ができたよ。

They could meet at the station.
彼らは駅で会う事ができた。


主語+couldn’t~「~できなかった」

現在形と同様にnotをつけます

I
You
He
She
They
it
couldn’t (could not) sleep
stay
study
etc…
例文

I couldn’t sleep last night.
昨夜寝れなかったの。

I couldn’t understand why you did do that.
なぜあなたがそれをしたのかが理解できなかった。

She couldn’t call you last night.
彼女は昨夜あなたに電話できなかったんだよ。


Canを使った疑問文

Canを文頭に置くと疑問文が作れます。

 

1.人に何かをして欲しい時=頼む→Can you??


2.自分(他人)が何かしていいか聞く時=許可を得る→Can I??

主語が違ってきますのでそこをしっかり意識しましょう。

 

  1. 人に出来る事を聞く、人に何かをして欲しい時はCan you??

    Can youを直訳すると「あなたできますか?」となり物事を人に頼む時に使います。

    Can you give
    tell
    teach
    etc…

     

    例文
    Can you give me your phone number??
    電話番号教えてくれる?

    Can you drink beers???
    ビール飲めますか?


    Can you tell me how to get to the station???

    駅までの道のりを教えてくれてませんか?

  2. 自分(他人)が何かしていいかを聞く時のCan I  ??
    Can I を直訳すると「私できますか?」となり人に許可を得る時に使います。

    Can I use
    ask
    open
    etc…

  

例文

     Can I use your PC??
  あなたのパソコン使ってもいいですか?

  Can I ask you a question??
  質問してもいいですか??

  Can I take a shower ??
  シャワー浴びてきてもいい?

疑問文の種類と作り方

2018年8月15日

いつもより丁寧に言う時のCould

Could って過去形じゃないのと思われますが、丁寧に聞く場合にも使われます。
日本で言う敬語に近い感覚ですかね?

例えば店員さんに聞く場合や友人ではない人に何かを聞く場合などに使います。

この場合も

1.人に何かをして欲しい時=頼む→Could you


2.自分(他人)が何かしていいか聞く時=許可を得る→Could I

伝えたい事によって主語が変わってくるので要注意!!です。

Could I
You
see
tell
have
etc…

例文

Could I see the menu???
メニュー見せてもらってもいいですか?

Could you tell me how to get to train station??
駅までの行き方を教えてくれませんか?

Could I have another glass of wife please??
もう一杯ワインいただけませんか?

be able toも「〜できる」

「〜する事ができる」はcanだけではなく
be able to を代わりに使う事ができます。

主語+be動詞+able to 〜→〜する事ができる

例文

I’m able to make pancakes well!
パンケーキ上手に作る事ができます。

My grandmother is able to use her smartphone!
祖母はスマホを使う事ができます。

Canとbe able toの違いは?

Canとbe able to の違いですが

be able toにはwillと一緒に使う事ができます。

canとwillは両方とも助動詞なのでセットでつかう事ができません。
未来について「〜できる」と使いたい場合には【be able to】を使います。

例文
I’ll be able to speak English well someday.
私はいつか英語が上手く話せる事ができる。

Canかbe able to どっちがよく使われるの?D君に聞いてみた!

結局canとbe able toってどっちを使ったらいいの?ってなりますよね?
そこでオランダ人の友人D君に聞いた回答がこちら!

be able to is the same as can.I think can is used more often.
be able to はcan と同じ意味だけどcanの方がよく使われているよ。

1番大切なのは口に出して話す事なのでcan be able to 両方とも意識して使い何度も失敗して覚えていきましょう!
トライ&エラーの精神です!

使い分け方
be able to willなど助動詞と合わせて「〜できる」と言いたい時 can それ以外 

オランダ旅行で使いまくったcan

少し前に新婚旅行でオランダへ行ってきました。
当ブログでもgoing toとwillの違いなどのアドバイスをくれている友人のD君にも会いに行き家に泊めてもらったりなど楽しい時間を過ごしました。

その時にこれでもか!というくらいcanを使いましたのでシュチュエーション別で紹介したいと思います。
(実際に使った言葉なのでブロークンです。。申し訳ありません。ですが伝わりました)

家の中で

例文
Can I take a shower first??
先にシャワー浴びてもいい?

Can you bring me a beer??
ビール持ってきてもらってもいい?

Can you tell me your Wi-Fi password??
Wi-Fiのパスワード教えてー

Can we go to Supermarket tomorrow morning??
明日の朝スーパーマーケットにいける?

Can you close the door for me??
ドア閉めてもらってもいい?

外出先で

例文
Can I have these???
これら買ってもいい?
↑レジに店員さんがいなく、近くで見かけた店員さんにほしい物を持ちながら伝えました

Can I go to toilet??
トイレ行ってきてもいい?

Can you have my bag for a few minutes??
ちょっとバック持っててもらってもいい?

Can I take pictures???
写真とってもいいですか?
↑スーパーで売っていたビールが日本の1/3(全く同じビールです!)の価格で売っていたのでつい店員さんに言っちゃいました笑

空港で

例文
Could you give me more blanket???
ブランケットもう1枚もらえませんか?

Excuse me.Can I ask you a question??
すみません。聞きたい事があるのですが。(質問してもいいですか?)

まとめ

  1. I can「~できる」 I can’t「~できない」
  2. I could「~できた」 I couldn’t「~できなかった」
  3. 相手に何かできるか聞く時は Can you ??
  4. 自分がしていいか許可を得る時は Can I ??
  5. 相手に頼む時はCan you??
  6. 丁寧に聞く時は Could I/you??
  7. 日常生活であればほぼCanでよい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です