ThisとThat 違い 【近くはThis】【遠くはThat】

「 thisとthat 違い 」 。。。。。って何??

ThisとThatはスペルも意味も似ているので、どっちがどっちかよく忘れがちですよね??同じ顔の双子を見分けるような感覚になり、実際に使う時には「これ」か「それ」くらいの違いしか分からずとりあえずthisを使っちゃえ!なんてこともよくある話。。。

ですがそんな「 thisとthatの違い」はイメージで覚えるとスッと頭に入りやすく、しかも忘れにくいです。

そしてThisの使い方は「これ」以外にもたくさんあり、

  • 電話
  • メール
  • 人を紹介する時

など日常会話でもよく使うフレーズを紹介しますので覚えておいて損はないですよ!

ThisとThat 違い イメージ

Thisのイメージ

Thisは 近くの物を指す時 に使います。

This is an apple.
これはリンゴです。

 

この簡単な使い方にはとても大切なイメージが含まれています。

まずThis is an apple.の写真をご覧ください。

そのリンゴは

  • 近くにある
  • 持っている

など
Thisは 自分の手が届く範囲の物を指す時 に使います。

Thatのイメージ

Thatは遠くの物を指す時に使います。

That is an apple.
あれはリンゴです。

 

That is an apple.の写真をご覧ください。

写真の様に手を伸ばしても届かない所にリンゴがあります。

このように

  • 遠くにある
  • 取れない

など
Thatは 自分の手が届かない範囲の物を指す時 に使います。

状態を表すbe動詞 is am are was were

2018年6月1日

This=「これ」以外の使い方

This=「これ」はもうお分かりですよね?

次は「これ」以外のthisの使い方

  • 人に紹介する時に
  • 電話の時
  • メール

など日常生活でも実際に使えるフレーズを紹介します。

人に紹介する時に使うthis is

thisの使い方の1つとして

 This is +名前 

 

 人に人を紹介する時 によく使われます。

例えば
両親に友人を紹介するシーン
をイメージしてみて下さい。

片手で友人の肩を後ろから押すような感じで
「友達のポギーです!」と言うと思います。
(両親に〜です!とはなかなか言わないけどね笑)

これを英語で表現してみましょう。

Mom! Dad! This is porgy!!
母さん!父さん!ポギーです!

 

このように 人に紹介をする時は〈This is 名前〉 を使います。
映画やドラマでもよく使われるフレーズなので、人に紹介しそうだな〜ってシーンになると耳をすませてみて下さいね。

電話やメールなどもthis is

Thisの意味は【これ】だけではなく
電話やメールで「I am」の代わりに使われます。

電話でのthis

日本で電話を掛ける時
「もしもし。私は〜ですが、、〇〇いますか?」
と言いますよね?

英語では少し表現の仕方が違います。

Hello! This is S . Is Porgy there??
こんにちは!Sです。ポギーはいますか?

 

ついつい
I am〜
と言ってしまうところですがグッと我慢をして
〈This is 名前〉
を使って外国の方々が聞いても違和感を感じさせないようにしてみて下さい。

メールでのthis

日本語の場合メールアドレスやSNSでメッセージを送る時には
「〜です。よろしく!」
などと送りますよね?

英語では「This is 名前」とthisを使います。

Hi!! Porgy! This is S!! How are you??
ポギ〜!Sやけど!調子どう?

 

先程の電話と一緒ですよね?

もうこの際に
 〈this is 名前〉  通信機器(電話、メール)を使用する際に使われる表現 と覚えてもらってもいいと思います。

なぜthis is??

余談ですが、
私はなぜ人を紹介する時にThis isなの?ととても疑問に思いました。
だって日本語に訳すと「これ」という意味で相手に失礼じゃないの?と。

その時に英語の師匠の言葉を思い出しました。

日本語訳とは「日本語ではこういう意味」というだけで、すべて正解ではないよ。

 

この様に日本語訳では少し違和感のある

紹介をする時に使う〈This is 名前〉ですが

英語を母国語として使っている人はこう使うんだ!!

という事を頭に残して勉強していると余計な事を考えなくてもいいので楽ですよ。

複数形の場合でもイメージは同じ

物や人が2つ/人以上の場合、複数形とよばれます。
複数形の時は Thisやthat はそれぞれ形が変わります。

  • this→these
    これ→これら

  • that→those
    あれ→あれら

 

Thisの複数形はThese

Thisの複数形はtheseを使います。

1つ=this
This is an apple.
これはリンゴです。

2つ以上=these
These are apples.
これらはリンゴです。

theseになっても手の届く範囲にリンゴがあります。

Thatの複数形はThose

1つ=that
That is an apple.
あれはリンゴです。

2つ以上=those
Those are apples.
あれらはリンゴです。

Thoseになっても手の届かない範囲にリンゴがあります。

 

まとめ

  • ThisとTheseは 自分の手が届く範囲 
  • ThatとThoseは 自分の手が届かない範囲 
  • This is +名前人に 紹介する時  電話、メールを使う時 
  • 日本語訳はとても大切だが 必ずしもすべてが正解じゃない 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です