【see】 【look】 【watch】すべて意味が違う!?使い分けとそれぞれのイメージ

【see】 【look】 【watch】で共通する事といえば?と言われるとすべて「見る」ですよね?

ですがこれらは同じ「見る」でもコアなイメージは少し違います。

【see】は 見える 
【look】は 顔をわざわざ向けて見る 
【watch】は 動いているものを見る 

など、ここで見るだけでも違いますよね?
今回は【see】 【look】 【watch】の意味とコアなイメージを紹介していきたいと思います。

【see】

イメージ

  • 目に映っている
  • 視界に物が入る
  • 見える

など 無意識で目に見えている物や視界に入っている物 の事をいいます。

 

↑写真のように

意識をして物を見ていない

「あー確かに見えてるね」と無意識なくらいの感覚です。

見る see

I can see some sakura trees from my house.
私の家から桜の木が見えるよ。

 

目で見える以外の表現方法

【see】の表現の幅は目で見えるだけではなく

  • 理解する
  • 会う

などにも使えます。

・わかった I see

I see.
わかりました。

 

  1. understand 理解する
  2. get it わかった


などと同じ様に使う事ができます。

「見当がつかない」という日本語でも「見」の漢字が使われていますよね?
seeと一緒で思わぬところに共通点があります。

 

・人と会う see

I’m glad to see you again!!
またあなたに会えて嬉しいです。

見える=会う事ができる
から【see】が使われます。

ちなみに今回紹介した

I’m glad to see you again!!

ですが海外ドラマを見て覚える事ができました。

そのシーンはもう会えないと思っていた人と再会したシーンでした。
この様に 映像と聞いた事のあるフレーズが一致すると確実に覚える事ができます。 

下記の記事ではWhenを使った海外ドラマのシチュエーションを紹介していますのでよかったらご覧ください。

whenの使い方 とフレーズ

2018年9月18日

Look】

イメージとしては

  • 自分から目を向ける
  • 確認する為に見る

など 顔を物の方向に向けて見る動作 がイメージできます。

上の画像のように物に目をパッと一瞬だけ見たり、自ら物を見にいっています。

見る Look

Look at that car!!!
あの車見て!

 

〜を探す looking for

I’m looking for my keys.
鍵を探しているの。

 


楽しみ looking forward to

I’m looking forward to going to Netherlands.
オランダに行くのが楽しみです。


forward は「前へ」という意味を持っています。

見ている(looking )前へ(forward )で楽しみにしているとなります。

【Watch】

イメージ

  • 注目する
  • ジィ〜っと見る
  • 物体を追って見る

など seeやlookに比べて長い時間対象物を見ています。 

テレビ、スポーツ観戦など動いているものジッと見ていますよね?それがwatchです。

見る watch

I like watching movies.
映画を見るのが好きです。

 

危ない! watch out!

Watch out!!!
危ない!

 

このwatch out ですが、使うシチュエーションとしては
子供が急に車が走っている道路に飛び出したりなど緊急性が高い時に使われます。

緊急性が高くなくて「そこ危ないよ〜」と言いたい時は be careful  を使います。

まとめ

  • 【see】は 目に入ってくる、無意識 
  • 【look】 は 自ら意図的に見る 
  • 【watch】は 長時間集中して見る 

 

どうでしたか?【see】 【look】 【watch】は同じ意味ですがコアの部分は少し違いますよね?

今回ご紹介した【see】 【look】 【watch】ように日本語では同じ意味でもコアな部分は違う単語はたくさんありますのでこれからもご紹介していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です