【英語で自己紹介】英語を使って自分の事を言ってみよう

こんにちは僕とポギー(@EnglishLife5)です。

2020年のオリンピックに向けて英語を勉強しよう!と思う方増えてきていますよね?

でも何から勉強していったらいいかわからなくなり、そこでストップしてしまいそのまま勉強せず。。なんて事はよくある話。

それは英語の必要性がはっきりと定まっていないからだと思います。

そこで今回は人と会うと必ず必要になってくる自己紹介のやり方をご紹介したいと思います。

自分の事を英語で話すのはなかなか難しいですがここで知っていただいてオリンピックだけでなく近所に住んでいる外国の方と仲良くなってみませんか?

英語で自己紹介をしてみよう

緊張するけど笑顔で!

外国の方に自己紹介をする時のポイントといいますと

  1. 笑顔
  2. ジェスチャー
  3. 仲良くなりたい気持ち

あれ?英語関係なくね?
と思いますよね?でもこの3つがないと英語が話せても意味がありません。
自己紹介をしたい相手=仲良くなりたい
だと僕は思っています。

なので

名前

自分の名前を言う時は?と言われると

My name is 名前

これはもはや誰でも言えますよね?

ですがこのMy name is 〜は少しかしこまった言い方ですので会社等でフルネームを言う必要がある場合等によく使われます。

ではどう言うかといいますと、、

  •  I’m (I am)名前 の方がよく使われます。
I’m Porgy!!
私はポギーです!

 

ポイント お互いに名前を言った後にNice to meet you と言い握手をしよう。

 

職業


学生なら a student

仕事をしているなら自分の職業を言います。

一つポイントですが
 職業名の前に「a」「an を必ず付ける事 を忘れずに!!!

a student
an accountant

ちなみにサラリーマンは和製英語なので、日本に住んでいる外国人の方には伝わると思いますが海外に住んでいる方には伝わらないかもしれません。

ここで英語での職種名をいくつかご紹介しますので自己紹介の時に使ってみてくださいね。

職業一覧(クリックすると出てきます)
 
 会社員(サラリーマン) →→an office worker

  教師 →→a teacher

 消防士 →→a firefighter

  警察官 →→a police officer

  会計士、会社の経理係 →→an accountant

  学生 →→a student

 料理人 →→a cook

 農家  →→a farmer

  ユーチューバー →→a youTuber

  • I’m an office worker.
    私はサラリーマンです。
  • I’m an English teacher.
    私は英語の教師です。
  • I’m a farmer.
    私は農家です。

〜で働いていると言いたい時は

I work at〜を使います。

  • I work at a restaurant.
    レストランで働いています。
  • I work at a supermarket.
    スーパーで働いています。
  • I work at a department.
    デパートで働いています。

 

出身地

外国の方々との自己紹介の場でよく出てくる話題といえば出身地!
自分の出身地を言えるようしておきましょう。

 I’m from 出身地  

で自分の出身地を説明することができます。

I’m from Osaka.
大阪出身です。

 

ポイント

出身地を言う時にグーグルマップも使い、どこにあるか教えてあげるとgood!
話が盛り上がるかもしれませんよ??

 

家族構成

次は自分の家族構成を教えてあげましょう。

家族の名称一覧(クリックしてね)
 家族 →→family

 父 →→father

 母 →→mother

 兄弟 →→brother

 姉妹 →→sister

  • There are four people in my family.
    私は4人家族です。
  • I have a sister.
    妹がいます。
  • I have a brother and a sister.
    弟と妹がいます。
  • I have a sister and two brothers.
    妹1人と弟2人います。

ここで1つ注意点があります。

家族の余計な情報を言わない事

理由として 相手が聞きたいのはあなたの情報 です。家族の事を聞かれればもちろん答えてもいいと思いますがそうじゃなければ家族の情報ではなくあなたの情報をしっかり伝えましょう。

チェック

兄弟姉妹それぞれ2人以上いる時は(s)をつけましょう

  • brothers
  • sisters

 

趣味

自分の趣味ってある程度決まっていると思います。趣味が合うとより一層仲良くなれるチャンスなので自分の趣味をしっかり話せるようになっておきましょう。

I like to 〜
〜をするのが好き

と表現する事ができます。

  • I like to play basketball.
    バスケをするのが好きです。
  • I like to watch movies.
    映画を見るのが好きです。
  • I like to run a marathon.
    マラソンを走るのが好きです。

like to のあとにつければいいので簡単ですよ。

ここでいくつか趣味の種類を紹介します。

趣味一覧(クリックしてね)
 映画鑑賞 →→watch movies

 読書 →→read books 

 音楽を聴く →→listen to music

 ギターを弾く →→play the guitar

 写真を撮る →→take photos 

 ゲームをする →→play video games

ネイティブのD君に聞いてみた!

オランダ出身、今はクェートに在住の友人D君に今回も聞いてみました!!!

同じ未来を言うのに少し違うwiiとgoingの違い

willとbe going toの違い

2018年5月27日

~が一番好きと言いたい時に使うfavorite

自分の1番を伝えるfavorite

2018年6月29日

など過去にもちょくちょく登場してもらいネイティブ目線のアドバイスをもらいました。

今回は自己紹介の流れと少しアドバイスをもらったのでよかったら参考にして下さい。

自己紹介の実際の流れ

自己紹介のやり方はわかったけど実際どうゆう流れで自己紹介しているの?と思う方も多いと思います。
ここで実際の会話の流れを紹介したいと思います。
D君によるネイティブチェックも入っているので安心してくださいね。

D君
 Hello ‘僕’, I’m D.
Nice to meet you D!
D君
 Nice to meet you too!
Where are from??
D君
 I’m from Netherlands.’How about you?
I’m from Japan. What do you do?
D君
 I’m a teacher.How about you?’
I’m an accountant.What do you do in your free time ?
D君
 I like to take photos, DRINKING beers, playing Spider-Man game.
Spider-Man game!? I love Spider-man!

間違えた!と思っても気にしないで

間違えるのを恐れて喋らなくなるのが一番ダメなパターンです。
私個人の意見ではグーグル翻訳などを使ってもいいと思います。

 間違えて当たり前だ!後で直せばいい! と心に置いておくのがポイントです。

私はD君がホームステイに来た時全く英語が話せませんでした。
didとwasの違いも分からない。。。間違える以前の問題です。(笑)
それでもD君と仲良くなりたいという気持ちが大きく、色んな所に二人で行きました。居酒屋でお酒も飲みかわしました。英語を話せないのにですよ。

ですが英語を話せなかったからこそ今の関係があるのだと今では思います。誠意は確実に伝わると思いますので仲良くなりたい気持ちは必ず持っていて下さい。
仲良くなりたい為に英語を勉強することは確実にあなたを成長させ、最後には話せなかった時を懐かしむようになると思います。(←私がそうなりたいだけですけどね。笑)
なのでお互いに諦めず頑張っていきましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です