英語で人生を変えてみませんか?

英語を話す事が夢で終わらないように
僕の体験も含めた英語に関する情報を紹介します。

結論からいいますと

 

僕は英語を学ぶ事で人生が変わった。

 

英語を学ぶ事によって視野が広がり、考え方も変わり、自分の将来についても具体的に考えるようになりました。

英語が僕の可能性を無限に広げてくれました。

 

そんな僕が英語に出会うまでの話を少しさせて下さい。

25歳まで英語が大嫌いだった。

 

僕は2020年で30歳になりました。

つい5.6年前まで本当に英語が嫌いで嫌いで仕方なかった。

 

特に学生の頃の英語の点数はいつも赤点、完璧な英語アレルギーになってしまいした。

 

そのせいか

 

「日本にいるんだから英語なんて必要ない」

「映画も字幕があるし」

 

など英語は自分の人生には関係ないものだも思い込んでいました。

ですがその反面、英語を話せる芸能人がテレビで英語を披露していると

 

「自慢かよ!」

「話せるから何?」

「ここ日本やし」

 

など何故か英語を話してる人を見ると嫉妬をしている自分がいました。

僕の心の奥底の本音はこうでした。

 

「やっぱり英語が話せるとカッコいいな」

 

ですが現実では英語の勉強をするわけでもなく、だらだらと毎日を過ごしていました。

そんな僕に人生のターニングポイントが訪れました。

オランダ人がホームステイで実家にやってきた!!

 

「ホームステイでオランダ人がうちに来るよ」

母からの突然の告知でした。

 

英会話教室の運営をしている人からの紹介で

実家がホームステイの受け入れ先になったのです。(その人は後に僕の英語の師匠になります。)

びっくりしましたが、驚きよりも楽しみな気持ちのほうが勝っていました。

 

ホームステイで来たオランダの人(以下Mr.D)をどこに連れて行こうか

日本の何を教えてあげようか、など色々プランを考えていましたが

1番大切な事に気付きました。

 

「俺英語話されへんやん。。。」

 

この出来事がきっかけで英会話教室に通い、英語に出会いました。

 

D君を京都や奈良、大阪を案内したものの意思疎通が完璧にできていた訳でもなく

身振り手振りとGoogle翻訳に頼っていました。

その時に僕が思った事は

 

「英会話教室に行ってるのに全然上達してない。」

 

僕のような同じ思いをされている方はたーーーくさんいると思います。

その理由として

 

英会話教室に「通う」だけで満足してしまっている。

 

英会話教室に行くと簡単に英語が話せるようになると僕は勘違いをしていました。

 

英語を学んで気づいた英語を「話す」ために大切な4つの事

 

その1
英会話教室に「通っている」だけじゃ英語は話せない。

 

英会話教室に通う理由は人によって違います。

 

「英語がペラペラになりたい」

「TOEICで高得点を取りたい」

「観光に来ている沢山の外国の人たちと仲良くなりたい」

 

とても素晴らしい事だと僕は思います。

理由は違うけれどみんな英語を使えるようになるというゴールは一緒ですよね?

 

それぞれの想いがあり、お金を払って英会話教室に通っているわけですから

絶対に無駄にはしてほしくない。

 

そのためには

家でも毎日英語に触れる。

 

インターネットの普及で学生・社会人共に忙しくなった現代。

「毎日勉強する時間なんてないから英語もやめようか。。」

と思っている人も多いと思いますが、毎日勉強する事が大切だと言いましたが毎日◯時間勉強しろとは言っていません

 

10分でもいいから最初は毎日続ける事が大切

1週間に1回、2回の授業では足りない。

それを補う為に毎日勉強をする事が大切なのです。

 

その2
英語=スポーツ

 

勉強と運動だから別物だと思われがちですが、僕はそう思いません。

学生時代、野球一筋で朝から晩まで毎日野球の練習をしてきた僕が思う事なので間違いないです。

 

英語とスポーツに共通する事を簡単にまとめてみました。

 

英語 スポーツ 共通する事
毎日英語に触れる 毎日練習して体に動きを覚えさせる 何度も何度も反復することが大切
学習の成果を英会話教室などで言葉に出す 練習の成果を練習試合で試す 反復練習した事が通用するか確かめる
プライベートで英語を使って話す 公式戦ですべてを出す 学んできた事を行動に移せる

 

毎日反復をする事で感覚を体に染み込ませて

失敗してもいいからチャレンジをすることで自分のものになるのです。

 

そうなるとやはり

英語=スポーツ

だと僕は断言します。

 

スポーツでも英語でもこの3つを意識する事が大切だと僕は思います。

その3
「失敗は成功の元」

 

「失敗は成功の元」とよく言いますよね?

あれ、本当なんです。

 

僕は小さい時から失敗するのが怖くて挑戦をあまりしないタイプでした。

英会話に通い始めた頃に失敗はとても大切だと教わっていながらも

「間違ってそうだから黙っておこう」と失敗を恐れて話さない日が続いてました。

 

1人の中学生と出会うまでは、、、

 

その中学生は、ある日僕が通う英会話教室の「大人」のグループレッスンに

新規入会してきました。(当時の彼は確かplayの意味も分からなかったはず)

 

そんな彼は僕にはない

失敗を恐れない心を持っていました。

 

彼は間違っていようとも積極的に発言をし

分からない事があればその都度聞くの繰り返しでグングン上達していきました。

そして僕の考え方も変わりました。

 

「間違っているかもしれないけどトライしてみよう。」

 

英語を勉強してたから彼に出会い、失敗は怖くないと思うようになりました。

 

【間違ってたら笑われるかも。。。】

【間違ってたらバカにされるかも。。。】

 

と思ってる人(過去の自分も含めて)に大きな声で伝えたい。

 

自分が思っている以上に誰も気にしていない!

 

私は失敗を失敗と思うのではなく経験だと思う。

経験したもの勝ちやし。

だから僕は失敗=経験だと思う。

大切な事:その4
努力を数値化する

 

言語を覚える事は長い時間が必要なので、挫折しやすいのが現状です。

挫折しない為にもモチベーションの維持はとても大切です。

 

僕が実践しているモチベーション維持の方法は

英語に触れた時間を記録する。

 

その理由は2つあります。

時間を計る理由1
努力を数値化すると英語に対しての自信がつく

努力した時間を数字に表して見ると

「ここまでやったんだ」

 

と思うようになり自信が湧いてきます。

自分の英語に自信を持つ事は英語を勉強する上でとても重要な事だと僕は思います。

 

自信がなければ道で迷っている外国の人に英語で話しかける事もできずに

英語を使うチャンスを逃してしまいます。

それくらい自信を持つ事は大切なのです。

 

時間を計る理由2
もったいない精神でやめられなくなる

 

時間を測る事で「せっかくここまでやったのだから、やめるのはもったい」

と自分自身に強制力をかけることができます。

 

この強制力はとても効力があり

英語の勉強を毎日の歯磨きのように習慣化させる事ができます。

 

習慣化する事で

 

毎日英語に触れる

上達する

わかる事が多くなる

また英語に触れる

上達する、、、、

 

とても良いループができ英語自体が楽しくなるという魔法のような現象が起こります。

みなさんに伝えたいこと

 

英語を学ぶと人生は変わる。

 

英語に出会ったから、「失敗を恐れずにチャレンジする事ができるよう」になりました。

 

英語に出会ったから、「自分の意見をしっかりと持って発言する事ができるよう」になりました。

 

英語に出会ったから、「自己投資の大切さ」を学びました。

 

英語に出会ったから、「日本語の素晴らしさ」を学びました。

 

そして今では英語を学ぶのが大好きになりました。

 

英語を勉強することは本当に大変で、くじけそうになりますよね?

でもそのような事がずっと続くわけではありません。

 

僕も経験したのですが、英語って一気にわかるようになる時が急に来ます。

レベル10から30って感じに。

 

そうなれば英語がとても楽しくなる事まちがいなしです。

 

このブログを通じてみなさんの英語学習のお役に少しでも立てればと思っています。

 

一緒に英語で人生を変えましょう。

 

ありがとうございました。